快闘キッドのメモ帳

文学作品、翻訳作品、自作小説等の保管庫

MRS. DALLOWAY BY VIRGINIA WOOLF INTRODUCTION

新型コロナで暇なので、VIRGINIA WOOLF MRS. DALLOWAY 

のINTRODUCTIONを翻訳したので保存する。

 

AUTHER'S INTRODUCTION

It is difficultperhaps impossiblefor a writer to say anything about his own work. All he has to say has been said as fully and as well as he can in the body of the book itself. If he has failed to make his meaning clear there it is scarcely likely that he will succeed in some pages of preface or postscript. And the author's mind has another peculiarity which is also hostile to introductions. It is as inhospitable to its offspring as the hen sparrow is to hers. Once the young birds can fly, fly they must; and by the time they have fluttered out of the nest the mother bird has begun to think perhaps of another brood. In the same way once a book is printed and published it ceases to be the property of the author; he commits it to the care of other people; all his attention is claimed by some new book which not only thrusts its predecessor from the next but has a way of subtly blackening its character in comparison with its own.

作家が自分の作品について何かを言うのは難しいたぶん不可能だ作家は言うべきことはすべて、作品の中でしっかり述べている。もし作家が作品の中で自分が言いたいことを明確に出来なかった場合、序文や追記で何ページ使おうが上手く説明することはできない。そして著者の心には、序文とは相反する、もう一つの風変わりな性癖がある。それは、親スズメが子スズメに辛くあたるように、自分の作品にも辛くあたる。ひとたび若鳥が飛べるようになると、 雛たちは飛ばなくてはならないのだが、巣から飛び立つ頃には、母鳥はおそらく次の雛のことを考え始めている。同じように、ひとたび本が印刷され出版されると、本は著者の所有物という性質を失う。著者は自分の著書を他人の手に委ねてしまう。彼のすべての注意は新しい作品に向けられる。新しい作品は次の作品から前作品を追い出すだけでなく、新しい作品を通して前作品と比較してそれとなく悪く言うのが普通である。 

It is true that the author can if he wishes tell us something about himself and his life which is not in the novel; and to this effort we should do all that we can to encourage him. For nothing is more fascinating than to be shown the truth which lies behind those immense façades of fictionif life is indeed true, and if fiction is indeed fictitious. And probably the connection between the two is highly complicated. Books are the flowers or fruit stuck here and there on a tree which has its roots deep down in the earth of our earliest life, of our first experiences. But here again to tell the reader anything that his own imagination and insight have not already discovered would need not a page or two of preface but a volume or two of autobiography. Slowly and cautiously one would have to go to work, uncovering, laying bare, and even so when everything had been brought to the surface, it would still be for the reader to decide what was relevant and what not. Of Mrs. Dalloway then one can only bring to light at the moment a few scraps, of little importance or none perhaps; as that in the first version Septimus, who later is intended to be her double, had no existence; and that Mrs. Dalloway was originally to kill herself, or perhaps merely to die at the end of the party. Such scraps are offered humbly to the reader in the hope that like other odds and ends they may come in useful.

もし著者が望むならば、小説の中にはない自分自身や自分の人生について何かを語ることができるのは事実であり、この努力のために私たちは彼を励ますためにできる限りのことをすべきである。もし人生が本当に真実であり、もし小説が本当に架空のものであるならば―小説の巨大な外観の背後にある真実を見せことほど魅力的なものはない。そしておそらく、この二つの間のつながりは非常に複雑である。本は、私たちが生れときから初めての幾多の経験を大地として深く根を張る木あちこちに咲いている花や果実である。しかし、ここでもう一度読者に伝えるために作家自身の想像力と洞察力がすでに表面化していないことを読者に伝えるためには、序文の12ページではなく、自伝の12巻を必要とするだろう。ゆっくりと注意深く、人は作品を作るにあたり隠れているものを明らかにし、むき出しにし、すべてが表面に表れるようにしなければならないそうすれば作品は密かに読者が何が問題で何がそうでないかを判断させるだろう。そしてダロウェイ夫人については今のところ、最初のでは、後彼女の分身にあたるセプティマスは存在していなかった、そして原作ではダロウェイ夫人は自殺するつもりだった、あるいはおそらくパーティーの最後に単に死ぬだけだったなど、ほとんど重要ではないかおそらく意味のないなど二三の断片的情報を明らかにすることしかできません。のような断片的情報が、他の残り物の寄せ集めの情報のごとく、これらが読者の役に立つことを期待しつつ謙虚に提供されています。

But if one has too much respect for the reader pure and simple to point out to him what he has missed, or to suggest to him what he should seek, one may speak more explicitly to the reader who has put off his innocence and become a critic. For though criticism, whether praise or blame, should be accepted in silence as the legitimate comment which the act of publication invites, now and again a statement is made without bearing on the book's merits or demerits which the writer happens to know to be mistaken.One such statement has been made sufficiently often about Mrs. Dalloway to be worth perhaps a word of contradiction.The book, it was said, was the deliberate offspring of a method. The author, it was said, dissatisfied with the form of fiction then in vogue, was determined to beg, borrow, steal or even create another of her own. But, as far as it is possible to be honest about the mysterious process of the mind, the facts are otherwise. Dissatisfied the writer may have been; but her dissatisfaction was primarily with nature for giving an idea, without providing a house for it to live in. The novelists of preceding generation had done little―after all why should they?―to help. The novel was the obvious lodging, but the novel it seemed was built on the wrong plan.Thus rebuked the idea started as the oyster starts or the snail to secrete a house for itself. The little note-book in which an attempt was made to forecast a plan was soon abandoned, and the book grew day by day, week by week, without any plan at all, except that which was dictated each morning in the act of writing.The other way, to make a house and then inhabit it, to develop a theory and then apply it, as Wordsworth did and Coleridge, is, it need not be said, equally good and much more philosophic. But in the present case it was necessary to write the book first and to invent a theory afterwards.

しかし、もしダロウェイ夫人という)作品が純粋にかつ単純に読者に敬意を払うあまり、読者が見逃したものを読者に指摘する事ができなかったり、または読者が求めるべきものを読者に提案することができないならば、作品は無罪を先送りにしたり批判家になっている読者にたいしてはより分かりやすく話してもよいとは言うものの批評は、賞賛であれ非難であれ、出版行為が招く合法的な意見として黙って受け入れられるべきであるが、時折本の長所や短所に関係なく、作家が(その意見は)間違っていると偶然知ってしまうような意見が述べられたりする。ダロウェイ夫人については、そのような発言が おそらく反論としての価値があるほど何度もなされてきた。この本は、ひとつの方法からよく考えられて生み出されたと言われてきた。著者は、当時流行している小説の形式に不満があり、物乞いしてでも、借りてでも、盗んでも、あるいは彼女自身とは別物を作ることさえした、と言われてきた。しかし、心の神秘的な作用に関して(自分の気持ちに)正直に言えば、事実は逆であるたしかに作者は不満を持ち続けていた、しかし彼女の不満は、主としてアイデアを与えながらしかるべき形式を与えない自然(作者一般)に対しての不満であった。先行世代の小説家たちは、 ―結局、何故彼らが手助けすべきだったか?―ほとんど手助けしなかった。その小説は明らかに宿泊施設なのだがその小説は間違った設計図で建てられたように見えた。このようにそのイデアは、カキやカタツムリが自分自身のため家を分泌し始めるように非難された。計画を立てるために用意された小さなノートは直ぐに捨てられ、そして作品は毎朝の執筆活動で口述されたものを除いて、日に日に、週を追う毎に全く計画性もなく成長した。もう一つの方法は、ワーズワースやコリッジがしたようにまず家を建ててから家に合わせた作品を書く、理論を展開してからそれを適用する手法、言うまでもな、同じように優れた方法でより哲学的である。しかし、ダロウェイ夫人では、まず作品を書き、あとから理論展開する必要があった。 

  If, however, one singles out the particular point of the book's methods for discussion it is for the reason given―that it has been made the subject of comment by critics, not that in itself it deserves notice. On the contrary, the more successful the method, the less it attracts aHe is concerned only with the effect of the book as a whole on his mind. ttention. The reader it is to be hoped will not give a thought to the book's method or to the book's lack of method. Of that most important question he is a far better judge than the writer. Indeed, given time and liberty to frame his own opinion he is eventually an infallible judge. To him then the writer commends Mrs. Dalloway and leaves the court confident that the verdict whether for instant death or for some years more of life and liberty will in either case be just.

  しかしながら、もし本書議論のために作品の手法を特別な点として取り上げられるとすれば、それは与えられた理由つまり、それ自体が注目に値する理由ではなく、批評家によ批評の主題されてきたからである。一方、手法は成功すればするほど、注目されなくなる。作者が読者に期待するのは作品に手法があるとかないとか考えをめぐらさない事である。読者には全体として読者の心に及ぼす作品の効果に関心を持ってほしい。この最も重要な問題については、読者は作家よりもはるかに優れた判断力を持っている。実際、読者自身の意見を述べる時間と自由を与えられれば、読者は最終的には間違えることのない裁判官となる。読者に筆者(こと私)がダロウェイ夫人を託せば判決が即刻死刑であろうと、数年生と自由の執行猶予刑のどちらであろうと、それを正しい判決と確信して法廷を後にします 

                                  VIRGINIA WOOLF.

    LONDON, June,1928

WILLIAM JAMES、SELECTED PAPERS ON PHILOSOPHY EVERYMAN’S LIBRARY

WILLIAM JAMES、
SELECTED PAPERS ON PHILOSOPHY
EVERYMAN’S LIBRARY
CHARLES M. BAKEWELL.氏がINTRODUCTION でWILLIAM JAMESを紹介している。
今回、このINTRODUCTIONを翻訳したので保存する。
おそらくまだ翻訳は出ていないと思う。

 

INTRODUCTION

 " HE was so commanding a presence, so curious and inquiring, so responsive and expansive, and so generous and reckless of himself and of his own, that every one said of him : ' Here is no musty savant, but a man, a great man, a man on the heroic scale, not to serve whom is avarice and sin.' "So James speaks with affection of his own teacher Agassiz, and the words fitly describe the impression he himself made upon his students and associates. There was none who did not come under the spell of his personality, none who did not look forward eagerly to every fresh work from his pen. There was such a sense of life and reality in all that he wrote that reading his works had, in a peculiar sense, the charm of personal intercourse. It was like meeting the man himself and sharing in his faith, his enthusiasm, his vision.

 「 彼はとても威厳のある風貌で、好奇心と探究心が強く、敏感で、自分自身自分のことに太っ腹で無頓着であったので、誰もが彼のことをこう言った『ここにいるのは古臭い学者ではなく、ひとりの男、偉大な男、英雄的規模の男で貪欲で罪深い者に仕えないこのように、ジェイムズは自分の師匠アガシズのことを愛情を込めて語っています、そしてその言葉は彼自身が彼の学生や仲間に与えた印象を適切に説明しています 。彼の人柄に魅了されなかった者はいなかったし、彼の新しい作品を楽しみにしなかった者はいなかった。彼が書いたすべての作品には生命感と現実感があったので、彼の作品を読め、特殊意味で個人的関係の魅力が持てた。それは、彼自身に会って、彼の信仰熱意ビジョンを共有するようなものだった。

 

  One does not think of James as a man with a philosophy, but rather as one who cleared the decks for all future philosophising. Late in life, to be sure, he labelled his view " pragmatism," modestly declaring this to be a " new name for some old ways of thinking," and dedicating the book in which the view was presented to John Stuart Mill, from whom he first learned the " pragmatic openness of mind." But he is careful to explain that the word stands for a method, and for a theory of truth, rather than for a system of philosophy. And when the view was launched and began to have followers, instinctively he shrank from the use of the label. When a philosophy, even his own, had been ticketed and had become one among many philosophical isms, it began to lose some of its vitality.

 ジェームズは哲学というよりも、将来の全ての哲学的な考察為に準備していた人と捉えられている。晩年、確かに彼は自分の見解をプラグマティズムと名付け、これを「古い思考方法にかわる新しい名称と控えめに宣言し、そして彼が最初に 「実用的な心の開放」を学んだジョン・スチュアート・ミルその本を献呈した。しかし彼はこの言葉が哲学体系というより、方法や真理の理論を意味すると注意深く説明してい。そして、この見解が世に送り出され、信者を得るようになると、彼は直感的にその名称を使うのを避けた。彼自身でさえも、哲学がレッテル付けされ数多くの哲学主義中の一つになってしまったとき、彼の哲学はその活力を失い始めた。

 

  At very rare intervals in the history of philosophy there have appeared thinkers who, like William James, are too real to be readily classified ―thinkers who cut under the distinctions that divide men into schools. When they appear they always speak the language of the people for the simple reason that they are interpreting life as real men live it with a freshness of vision unknown in the schools. The influence of William James has probably travelled further and gone deeper than that of any other American scholar.Into the languages of all Selected Papers on Philosophy civilised peoples his works have been translated, and every where they have met with instant recognition. Honorary degrees, honorary memberships in learned societies and academies, all manner of scholarly distinctions poured in upon him from all quarters.And yet by far the larger part of his published works consists of essays and addresses first delivered to popular or semi-popular audiences; and even his most technical performance, his classic work in psychology, is singularly simple and direct and free from technicalities, and withal readable. The fact is significant, and explains in part the secret of his hold upon his contemporaries. He did not have tucked away in his den some profound and recondite system clothed in the polysyllabic profundity which learning too often affects, which, on occasion, he condescended to translate, in diluted doses, for the benefit of laymen. For, though writing for the people, he was never a populariser.His profoundest thought is in these pages. He could not help being simple and clear, for he lived close to reality in its concrete fulness ; and he could not help writing for the people, and not for a special academic guild, because he believed in the people,and because, furthermore, he believed in the mission of philosophy to help the people to interpret life and to lay hold of life's ideals, and thus to " know a good man when they saw him."

哲学の歴史上非常にまれな期間ウィリアム・ジェームズのような、非常に現実的で、簡単に分類されない思想家---人を学派に分けて区別をつける思想家が現れた。。

彼ら(思想家たち)が現れ、学校では教わらない新鮮な洞察力で現実の人がその用語を使って人生を解釈しているという単純な理由で彼らはいつも特定の人たちの(間で通用する)言葉を使う。ウィリアム・ジェームズの影響力は、おそらく他のどのアメリカの学者の誰よりも遠くまで及び誰よりも深く浸透した。彼の著書は哲学論文集として文明人の言語に翻訳され、どこの国でもすぐに認められた。名誉学位、学識社会や学会の名誉会員資格、あらゆる方面からあらゆる種類の学術的栄誉称号が彼に注がれたそれでも、彼の出版された著作の大部分は、人気のあるまたは幾分人気のある聴衆に向けて最初発表されたエッセイや演説で構成されている;最も技術を駆使した表現や彼の心理学の古典的な作品でさえも、極めて分かりやすくはっきりと技術的なことを抜きにし、しかも読みやすい。この事実は重要であり、同時代の人々に彼の人気の秘密を部分的に説明している。というのは、人々のために書いているとはいえ、彼は決して人気者ではなかった。余りにも頻繁に学問が影響を与える多音節の深淵さに包まれたかなり深遠で難解な(論理の)組み立てを、彼は自分の巣穴にこっそり隠していたわけではなく、しばしば素人ために、威張る事なく分かりやすく翻訳た。彼の最も重要な思想はこのページにある。その具体的な充足感の中でほぼ現実に近い感覚で生きていたので、彼は単純で明快にならざるを得なかった彼は特別な学術のためではなく、人々のために書かざるを得なかった。何故なら彼は人々を信じていた、そしてさらに彼は、人々が人生を解釈するのを助けるために、人生の理想を掴むのを助けるために、そしてこうして「人を見れば善人だとわかる」ために哲学の使命があると信じていた。

 

 James tells us that it was the hours he spent with Agassiz that " so taught him the difference between all possible abstractionists and all livers in the light of the world's concrete fulness " that he was never able to forget it. And the term which, by preference, he used to describe his position was"radical empiricism," a phrase which shows the importance he ascribed to method in philosophising.How far removed this method is from that which commonly passes for empiricism one can best find out by reading the last chapter in his larger Psychology. Without going into details, it is enough here to note that for him the method meant simply a recognition of the fact that " the truth of things is after all their living fulness."To lay hold of the facts in their living fulness was what he meant by being radically empirical. But the facts of human nature are so intimate and so familiar that they usually escape observation.Or if they chance to be called to our attention, they are apt to be summarily lumped together under some familiar caption, or forthwith named and classified in a conventional way, and thus disposed of. James could always"see the familiar as if it were strange," and was thus peculiarly fitted for the role of explorer and observer of the familiar, but little known, facts of the inner life. Moreover, he appreciated as few have done the extent to which words and phrases, dogmas and ready-made principles of classification, blind men's vision and dull their senses. To the facts of experience with which psychology and ethics deal he brought the artist's skill in pure appreciation of values, and he possessed a rare gift for describing what he saw. His special contributions to psychology, and his significance in philosophy, are alike due to this trait.

ジェームズは、彼がアガシズと過ごした時間は、「全ての可能な抽象主義者と全ての生活者との違いを世界の具体的な満足度に照らし合わせて彼に教えてくれたので彼はそれを忘れることができなかったと語っています。そして、彼が自分の立場を表現するために好んで使った言葉は、「革命的経験主義」であり、この言葉の重要性を示している。彼は、哲学の方法に起因している。

この方法が、一般的に経験主義として通用することとどれほどかけ離れているかは、諸君が彼の大著『心理学』の最後の章まで読めばわかる。詳細を述べることなく、ここでは、彼にとって方法とは「物事の真実は結局その生きている充足感である」という事実の認識を単に意味すると記すだけで十分である。その生きている充足感の中に事実を置くことは、彼が元来経験的と意味することであった。 しかし、人間性真相は非常に馴れ馴れしくとても身近なので、通常は観察を逃してしまうまたは、それらが私たちの注意を呼び起こす機会があった場合、それらはいくつかの馴染みのある見出しの下に手短にまとめられやすい、または従来の方法ですぐに名前が付けられて分類され、そしてこのように整理される。 ジェームズは常に「身近なものを不思議なものであるかのように見る」ことができそしてこのように、内面生活のあまり知られていない身近事実を探求し観察するという役割に特に適していた。 さらに、彼は、単語と、教義分類の既製の原則、盲人視野盲人の鈍い感覚に至るまで観察した者はこれまでほとんどいなかったと評価した。心理学や倫理学が扱う経験の事実に、彼は芸術家の技術を価値の純粋な評価に応用しそして彼は彼が見たものを記述できる稀な才能を持っていた。心理学に対する彼の特別な貢献、そして哲学における彼の意義は、この特性に起因する。

 

  The first lesson of radical empiricism is that the mind never is merely a passive spectator, never is merely a receptacle for data supplied from without. Such a way of viewing experience is to mistake for the mind what a real mind never is, and for data what real data never are. In a striking passage James writes : " The world's contents are given to each of us in an order so foreign to our subjective interests that we can hardly by an effort of the imagination picture to ourselves what it is like. We have to break that order altogether and by picking out from it the items which concern us, and connecting them with others far away, which we say' belong ' with them, we are able to make out definite threads of sequence and tendency; to foresee particular liabilities and get ready for them; and to enjoy simplicity and harmony in place of what was chaos. . . . Can we realise for an instant what a cross-section of all existence at a definite point of time would be ?While I talk and the flies buzz, a sea-gull catches a fish at the mouth of the Amazon, a tree falls in the Adirondack wilderness, a man sneezes in Germany, a horse dies in Tartary, and twins are born in France. What does that mean? Does the contemporaneity of these events with one another and with a million others as disjointed, form a rational bond between them, and unite them into anything that means for us a world ? Yet just such a collateral contemporaneity, and nothing else, is the real order of the world. It is an order with which we have nothing to do but to get away from it as fast as possible.

As I said, we break it; we break it into histories, and we break it into arts, and we break it into sciences; and then we begin to feel at home. We make ten thousand separate serial orders of it, and on any one of these we react as though the others did not exist."

革命的な経験主義の最初のレッスンは精神(心の中)は決して単なる受動的な傍観者ではくそして、決して外部から供給されるデータのための単なるに受け皿ではない。経験を見るそのような方法は、本当の心が決してそうではないことを心と思い違えをすること、そして本当の情報が決してそうではないことを情報と思い違えすることである。目を引く一節で、ジェームズは次のように書いています。世界の内容は私たち一人一人に順番立てて与えられ私たちの主観的な興味とかけ離れているので私たちは、想像力を働かせることで、それがどのようなものかを自分自身の心に描くことほとんどできません。私たちはその秩序を完全に打破しなければならず、その中から私たちに影響する項目を選び出しそれらを遠く離れた他のものと繋ぎ合わせる、このことを私たちはそれらに『帰属する』と呼ぶ、ことで私たちは順序と傾向の明確な撚り糸を読み取ることができ、特定の障害を予知したり、それらに備えることができ、そして混沌としていたものの代わりに、単純さと調和を楽しむことができる. . . 私たちは、ある特定の時点存在するすべての物横断面がどんなものであるかを一瞬ではっきりと理解することができるだろうか?私が話をし蠅が羽音を立ててぶんぶん飛んでいる間、アマゾンの河口ではカモメが魚を捕まえ、アディロンダックの荒野ニューヨーク州北東部の森林保護区の一部)では木が倒れ、ドイツでは男がくしゃみをし、タタール(韃靼)地方では馬が死に、フランスでは双子が生まれている。それは何を意味しているのだろうか。それぞれが互いにそして他の百万もの相手との間に起きた互いに無関係なこれらの出来事の同時発生性が、それらの間に論理的な繋がりを形成し、そしてそれらを私たちにとってひとつの世界を意味するものと結びつのだろうか?しかし、まさにそのような並んで進む同時発生性こそが、それ以外の何ものでもなく、世界の真の秩序である。それは私たちが関わらない秩序で、できる限り早くそこから逃げ出すしかない秩序なのである。私が言ったように、私たちはそれを壊します。 私たちはそれを歴史に分解し、芸術に分解し、科学に分解します。 そして、私たちはくつろぎを感じ始めます。私たちはそれを1万に分けて連続番号を付けた、そしてこれらのどの1つにも私たちはあたかも他のものが存在しないかのように反応してしまうのです。

 

 Other philosophies had indeed noted this truth before.But hitherto philosophy has been too much influenced by the model of mathematics and physics, and has thus tended to think in terms of the contrast between form and matter.To-day biological sciences are in the ascendant, and they furnish a safer model for philosophy inasmuch as they bring us nearer to the facts in their concrete fulness. The contrast is between the living and the dead; and life means growth,development, progress, and time is of the essence of experience.The complexity of experience upon which James laid stress was that which it receives in its time dimension. The time quality of experience is its most significant trait.Everywhere we find fluency and continuity, and in all our interpretations, scientific as well as philosophical, the practical categories are dominant.Our philosophy is essentially forward-looking, and must measure values in results, truth values as well as moral values. Hence James was not interested in truth in the abstract, but rather in the actual process of truth-getting― in what happens when an idea is accepted as true; and he noted that ideas passed for true in proportion to their serviceableness in guiding us through the tangled complexity of experience, in making us at home in the world in which we daily live, and thus masters of it. Science itself was a human construction for human ends. And when it gave itself airs, became sacrosanct and absolute, as it did in the positivism of Herbert Spencer,and in the name of science proceeded to rule out of court all those facts and values of the spiritual life which do not admit of verification through the senses, it ceased to be science, and became a sheer philosophical dogmatism. It was in fact no better than those pretentious idealisms which in the name of abstract reason made all things parts of one inclusive whole, made the world a "block universe," fixed, eternal, perfect, and left no room for what makes life for the individual significant freedom, choice, novelty, and progress.

  確かに、他の哲学は以前よりこの事実に気づいていた。 しかし、これまで哲学は、数学や物理学のモデルに影響をうけてきた、そしてこのように形と物質の対比の観点でこのように考える傾向があった。今日では生物科学が日の出の勢いであるそして生物科学はわたしたちに事実を具体的な満足したものにより近づけてくれるので、哲学にとってより安全なモデルを提供する。 生者と死者の間には際立った違いがある、生とは成長、発展、進歩を意味するそして時は経験の本である。ジェームズが力説した経験の複雑さは、それがもつ時代の次元で察知するそのものであった。経験の時間的な質最も重要な特性である。(質の高い体験時間が最も重要な特性)。

私たちはどこにでも流暢さと連続性を見出し、科学的なものから哲学的なものまで、私たちの解釈のすべてにおいて、実用的なカテゴリーが支配的である。私たちの哲学は本質的に前向きであり、真理の価値だけでなく道徳的な価値も同様に、結果的には価値を評価しなければならない

したがって、ジェームズは抽象的な真理に興味を持っていたのではなく、真理究明の過程に興味を持っていた、―ある概念が真であると認められたときに何が起こるかということに興味を示していた。そして彼は次のように述べた;ねじれた複雑な経験を通して私たちを導き、私たちが日常生活をしている世界で私たちをくつろがせ、その概念はそれらの有用性に応じて真実と受け入れられ、そしてこのように習得すると。科学と、人間の目的のために人間が作ったものである。そして、もったいぶってハーバート・スペンサー実証主義でしたように、神聖で絶対的なものになり、そして科学の名の下に、感覚を通して検証を認めない精神生活のすべての事実価値法廷で審議不能になったとき、それは科学ではなく、単なる哲学的な教条主義になってしまいました。

事実それは、抽象的な理由の名の下に、すべての事柄を全体を含めひとつの部品とし、世界を「ブロック宇宙」とし、固定、永遠、完全なものとし、そして個人の人生に重大な自由、選択、新しさ、進歩をもたらすものとして疑う余地のない気取った理想主義にすぎない

 

  Ideals again were not decorations of life in the abstract, highly polished moral ornaments; they were the practical tools of good living. They were not to be measured by the noble language in which they were expressed, nor yet by the subjective feelings or emotions they aroused, but by the way they worked, by what they actually accomplished in the prosaic world of dust and dirt and brute fact, for the betterment of character and of the conditions of human life. The truth is that our life, intellectual and moral, is at every turn ruled by ideals, and back of all ideals lies faith ―a faith involving a certain element of risk from which none can escape.And much of James's work is spent in defending the faiths by which men actually live, by testing them in the only manner in which their truth can be tested, by the way in which they express themselves in life.

理想はまた、理論上は人生の飾り付けではなく、高度に磨かれた道徳的な装飾品である、つまりそれら(理想)は良い生活をするうえで役に立つ道具であった。理想は、それが表現された高尚な言葉で評価されるのではなく、また、主観的な感情もしくは感情が呼び起こした情動評価されるなく、それが働きかけた方法で評価される。つまりそれら(理性)が、埃や土や野蛮な事実にまみれた平凡な世界で実際に成し遂げたことで評価される。真実は、知的にも道徳的にも、私たちの人生は至る所で理想に左右されているそしてすべての理想の背後には信仰がある―その信仰は誰も逃れることのできないある種の危険な要素を含んでいる。そして、ジェームズの作品の多くは、人々の信仰が試される唯一の方法で彼らを試すことで、そして人々が人生で自分自身を表現する方法で、実際に人々が頼って生きている信仰を擁護することに費やされている。

 

 James also possessed in a wonderful degree what might be called sympathetic imagination ―the ability to get as it were on the inside of the other fellow's vision ; and whenever he ran across, in the work of another thinker, however humble and obscure, evidence of some fresh and original interpretation of genuine experience, he heralded it as a veritable discovery.It was a new document to be reckoned with. He was, in fact, singularly free from what he has called " a certain blindness in human beings."How free, a reading of the Varieties of Religious Experience will show. The essay in which he discusses this blindness is, as he says, more than the piece of sentimentalism that at first sight it might appear to be. "It connects itself with a definite view of the world and of our moral relations to it." That view is the pluralistic or individualistic philosophy according to which " the truth is too great for any one actual mind, even though that mind be dubbed ' the absolute,' to know the whole of it. The facts and worths of life need many cognisers to take them in. There is no point of view absolutely public and universal." The practical consequence of this philosophy is, he adds, the " well known democratic respect for the sacredness of individuality."

ジェームスはまた、共感的想像力と呼ばれる素晴らしい能力持っていた―その能力は、いわば他の仲間の考え方の内側を手に入れる能力。つまり別の思想家の仕事で、どんなにつまらなくて曖昧であろうと正真正銘の経験が幾分新鮮で独創性に富んだ解釈の証拠に出くわしたときはいつでも彼は紛れもない発見としてそれを公表した。それは、無視できない新しい記録文であった。 彼は、実際には、彼が「人間のある種の盲目」と呼んでいるものから特に免れていた

宗教的経験の多様性 を読めば、その自由さがわかるだろう。彼がこの盲目を論じたエッセイは、一見すれば感傷主義作品にみえるかもしれないが、彼に言わせればそれ以上である。

それは、世界および私たちのそれとの道徳的な関係明確な見解と結び付いている。」

その見方は多元論的または個人主義的な哲学であり、「その精神は「絶対的」と呼ばれていても、真実は実際の精神には大きすぎて、その全体を知ることはできない。人生の事実と価値は、それらを理解するために多くの認知者を必要とする。絶対的公共的で普遍的な視点は存在しない。

この哲学の実際的な結論は、「個性の神聖さへの、よく知られた民主主義的な考慮」であると彼は付け加えてい

 

 Perhaps the chief reason for the popularity of James's philosophy is the sense of freedom it brings with it. It is the philosophy of open doors; the philosophy of a new world with a large frontier and, beyond, the enticing unexplored lands where one may still expect the unexpected ; a philosophy of hope and promise, a philosophy that invites adventure, since it holds that the dice of experience are not loaded.The older monistic philosophies and religions present by contrast stuffy closed systems and an exhausted universe. They seem to pack the individual into a logical strait-jacket and to represent all history as simply the unfolding of a play that was written to its very last line from the dawn of creation. These old absolutisms go with the old order of things.

おそらく、ジェームズの哲学が人気を博している主な理由は、それがもたらす自由感覚である

それは、開かれた哲学であり、広い辺境と、その先には人がまだ予期せぬことを期待しそうな魅惑的な未踏の地を伴う新しい世界の哲学であり、希望と約束の哲学であり、経験のサイコロに詰め物をしないと考える理由で、冒険を誘う哲学でもある。対照的に古い一元論的な哲学および宗教は息の詰まる閉鎖系と使いつくされた分野を提供するそれらは、個人を論理的な拘束衣の中に詰め込み、そしてすべての歴史を、創造の夜明けから最後の一行まで書かれた戯曲の展開を提供しているように見える。これらの古い絶対主義は、古い物事の秩序と調和する。

 

 James is an interpreter of the new order of democracy. The most important and interesting thing about a nation, or an historic epoch, as about an individual, was, he held, its " ideals and over-beliefs." And if he is our representative philosopher of democracy, it is not because of his individualism, his appreciation of the unique,the uncommunicable, his hospitality of mind, his respect for humanity in its every honest manifestation, his support of the doctrine of live and let live, his tolerance of all that was not itself intolerant; it is not because of his insistence that professions be measured by their " cash value " in experience, and men by their ability to " make good "; but it is, above all, because of his skill in interpreting those ideals and over-beliefs of his nation and epoch. For these are the things that save democracy from vulgarity and commercialism, that preserve the higher human qualities, and insure for the citizens of a free land the fruits of civilisation― more air, more refinement, and a more liberal perspective.

 ジェームスは、民主主義の新秩序の解釈者です。最も重要で興味深いことは、国家または歴史的な時代について、個人についてと同じように、その「理想と信」と彼は考えた。そして、もし彼が民主主義の私たちの代表的な哲学者であるなば、それは彼の個人主義唯一無二の伝えることができない彼の評価や、彼の心のもてなし、彼のそれぞれの正直な明示における生きるそして生かすという教義への援助や、それ自体耐えられないこのない(耐えられる)全てへの彼の忍耐強さが理由ではない。それは、職業が経験上「現金価値」で評価され、人間成功する」能力で評価されるからではない。とりわけ、彼の国や時代の理想過信を解釈する能力のおかげである。これらは、民主主義を衆愚政治金権政治から救い、より高い人間的資質を維持し、自由な土地の文明の成果―より自由で、より洗練され、そしてより偏見にとらわれない未来への展望―を保証する。

 

 James was a firm believer in democracy. But he held that democracy was still on trial, and that no one could tell how it would stand the ordeal. "Nothing future," he writes, "is quite secure; states enough have inwardly rotted; and democracy as a whole may undergo self-poisoning. But, onthe other hand, democracy is a kind of religion, and we are bound not to admit its failure.Faiths and Utopias are the noblest exercise of human reason, and no one with a spark of reason in him will sit down fatalistically before the croaker's picture. The best of us are filled with the contrary vision of a democracy stumbling through every error till its institutions glow with justice and its customs shine with beauty. Our better men shall show the way and we shall follow them. . . . The ceaseless whisper of the more permanent ideals, the steady tug of truth and justice, give them but time, must warp the world in their direction."

ジェームズは民主主義を固く信じていた。しかし、彼は、民主主義はまだ試験の段階であり、それがどのように厳しい試練に耐えるかを誰も言うことができないと考えた彼は「未来はない」 ということはとても安全であると書いている。それは「十分に内部で腐敗している状態であり、そして民主主義は全体として自家中毒を起こす可能性がある。しかし、他方では、民主主義は一種の宗教であり、私たちはその失敗を認める義務はない。信仰やユートピアは人間の理性の最も高貴な行使であり、一かけらの理性のない人は誰も悲観論者(詐欺師)の絵の前に宿命的に座ることはないだろう。私たちにとって最も良いことは、その制度が正義に輝き、その関税が美しく照らすまであらゆる誤りを通してつまづきながら、民主主義が反対の展望に満ちていることです。我々の中のより優れた人間がその道を示すだろう、そして我々は彼らに従わねばならない . . . 永続する理想の絶え間ない囁きと、真実と正義の安定した絶え間のない争いが、時間を与えて 世界をその(争いの)方向に歪めてしまう。」

                         CHARLES M. BAKEWELL.

                                                                                        チャールズ・M・ベークウェル

 

 

 

 

                           

「時空変位点」

人には皆、過去の発言や行動でその後の人生を大きく左右する「時と場所」があります。

その特別な時空を私は「時空変位点」と称すことにします。

もしも、あの時あの一言を言わなければ・・・

もしも、あの場所に行かなければ・・・

今の自分とは違う人生を経験していることになる。

もしかしたら生きていないかもしれない・・・

 

幸せな人生を歩んでいると感じる人こそ「時空変位点」を振り返り、今の幸せに感謝しましょう。

今不幸だと思う人は決して過去を振り返ってはいけません、

過去でなく現在を「時空変位点」として未来を変えてください。

 

「時空変位点」
医学部6年の誕生日

同窓会で 会うたびに
心の声で 幸せかと 問へば
頭の中で 幸せよと 聞こえる
今幸せなだけ 私の心は痛む

 

裏を返せば、相手の人生も大きく変えているのです。

私には、そんな「時空変位点」が、少し思い出すだけでも数多くある。

そのなかには、今よりももっと幸せな人生を歩んだかもしれないし、

もっと悲惨な人生を歩んだかもしれない。

 

彼女の人生は、私の所為で悲惨だったのかそれとも幸福に満ちた人生かは分からない。

それは、私だけでなく彼女が選んだ人生でもある。

 

そんな「時空変位点」を振り返り、仮想現実に想いを馳せましょう。

仮面ライダー・エロス

これも、m3.comに書き込んだショートショート

 

エロスはギリシャ神話に登場する恋と性を司る神であり卓越した力を持っていた。
エロスの風貌は端正な顔立ちで見事な頬髭を蓄え、背中には大きな翼を持った屈強な男だった。

にもかかわらず恋と性をつかさどる神と呼ばれる所以は、エロスの持つ「金の矢」と「鉛の矢」の力であった。

「金の矢」に射られた者はその時に見た女性を恋焦がれるようになり、「鉛の矢」に射られた者はその相手を毛嫌いするようになるからである。

エロスはしばしばこの矢で人や神々を撃って遊んでいた。
ある日ゼウスの息子 アポロンは弓矢で遊んでいるエロスを馬鹿にした。それに激怒したエロスは「金の矢」でアポロンを、近くで川遊びをしていた河神ペーネイオスの娘 ダプネーを「鉛の矢」で射抜いた。

そのせいでアポロンはダプネーに求愛し続け、ダプネーはアポロンを頑なに拒絶しつづけた。
追うアポローンと逃げるダプネーをエロスは笑いながら見ていた。


ついにアポロンは河の畔にダプネーを追いつめいざ自分のものにしようとしたその時、ダプネーはアポロンから逃れるために、父(河の神)に自らを月桂樹に変えてもらった。
あと一歩のところで月桂樹に変えられたダプネーを見てアポロンはひどく悲しみ、その愛の永遠の証として月桂樹の枝から月桂冠を作りいつも身に着けた。

世界征服を企む謎の国際的秘密組織 ショッカーは、エロスの持つ能力に目を付け、絶世の美女プシュケ を仮面ライダー・プシュケに改造しダプネーに変身させて、悲しみに落ち込んでいたエロスのもとに送り込んだ。
ダプネーに変身した仮面ライダー・プシュケの姿を見て大喜びで駆け寄り抱きしめたその時、愛しいダプネーが仮面ライダー・プシュケの姿に戻った瞬間、驚いたエロスは思わず手に持っていた「金の矢」を落とし自分の足を刺してしまった。


さあ、祝え、かくして仮面ライダー・エロスの誕生だ。

新浦島

医師用掲示板m3.comで削除されたり削除されなくても残しておきたいものを少し修正して保存する。

 

浦島丈太郎

 

都内のある街に、それはそれはイケメンの学生、文京丈太郎が住んでいた。
そのノイケメンぶりに独身の若い女性だけでなく人妻ですら話をすることができず、ただ顔を赤らめるほどだった。
ある日、丈太郎は古本を物色しながら一人神田町を歩いていると、細い路地の奥から女性の声が聞こえてきた。
不思議に思って丈太郎が路地にはいると、一人の可愛い女性が二人の学生にナンパされていた。
その女性は何度も断るのだが、二人の学生は一向に止めようとしない。
丈太郎は体格が良く少林寺拳法有段者で腕っぷしに自信があったので、思わず「おい、なにをしている」と声をかけた。
二人の学生は、突然声をかけられ、振り向くと背が高くイケメンで体格の良い丈太郎を見ると物も言わず逃げるように路地から表通りに走り去った。

助けられた女性は丈太郎の顔を見て真っ赤になりうつ向いたまま黙っていた。
心優しい丈太郎は「大変でしたね、家まで送りましょうか」と声をかけた。
気を取り直したその女性はようやく声を出し「ありがとうございます。一人で帰れますので・・・」
と恥ずかしそうに答えると路地の奥に向かって歩いて行き、角を曲がるとき丈太郎のほうを見て頭を少し下げて姿を消した。

数日後の夕方、丈太郎が新宿駅前を一人歩いていると、向こうから可愛い女性が歩いてくる。その顔を見てすぐに先日助けた女性であることが分かった。

女性は微笑みながら歩いてきて丈太郎の前で立ち止まると

「先日はありがとうございました。バイト先のマダムが是非お礼がしたいと申しております。一緒に来ていただけますか」
ちょうど、夕食をどこで食べようか迷っていた丈太郎はついていくことにした。

店は隣町の繁華街のさらに奥、ネオン街の片隅にあり、赤いネオン看板で 「竜宮」とある。
店の印象は何やら男心をくすぐる雰囲気のある小奇麗な店だった。
その女性に案内され中に入ると、奥から丈太郎より少し年上と思われるマダムと呼ばれる美しい女性が出てきた。
「先日はうちの子を助けていただきありがとうございました」
この店の子は源氏名で呼ぶことになっていて、助けた女性の源氏名は華美羅、マダムの源氏名は乙姫といった。

丈太郎はマダムに連れられ一番奥の少し広い部屋に案内された。

その部屋には小さな舞台があり、静かな音楽が流れ、薄暗く赤や青のランプがゆっくりと点滅していた。
テーブルの上には海の幸、山の幸が、中華料理、洋食、和食と所狭しと並べられている。
丈太郎が席に着くと、乙姫と華美羅が隣に座り、舞台では肌が透けて見えるほどの薄い衣装をまとった五、六人の美しい女性が踊り始めた。

美しい女性に挟まれ、豪勢な料理を前にして丈太郎は少し怖くなった。

乙姫は丈太郎の顔を見ながら嬉しそうにグラスを渡し「さあ召し上がれ」とにドン・ペリニヨン ロゼを注いだ。
いつも安酒を飲んでいる丈太郎には、これまで口にしたことのないほどドンペリは美味かった。
あまりのおいしさに、つがれるまま飲み干していると、ついつい眠くなりそのまま寝込んでしまった。

ふと目を覚ますと、薄暗い部屋の大きなベッドの上で裸で寝かされていた。
隣には一糸まとわぬ乙姫が丈太郎の顔をじっと見つめている。

白磁のような白い肌、ルビーのような赤い唇、長いまつげの濡れたまなざし・・・

覚悟した丈太郎は大学に通うことも忘れて毎晩乙姫との楽しい時を過ごした。

しばらくすると、華美羅が丈太郎の耳元で「そろそろお帰りなった方が良い」と囁いた。
名残惜しいと思いつつも、いつまでも大学をさぼる訳にもいかないので華美羅の言うとおりにした。
店を去る時、乙姫は「途中で中を見てはいけません」と小箱を丈太郎に渡した。
外に出ると一瞬めまいがした。

黄色い太陽が眩しかった。

 

部屋に帰った太郎は、夢のような数日間の出来事を思い出していた。

しかし手には小箱がある。

やはり夢ではない。

恐る恐る箱を開けて見ると中には一枚の名刺が入っていた。

 

「○○泌尿器科

 

その裏には、「うそ」の文字と乙姫の携帯電話番号が記されていた。

 

悪い冗談だった。

The Trial for Murder(殺人裁判)の翻訳が見つかった。

前回、チャールズ・ディケンズ「十三人」に関して、「The Trial for Murder」の翻訳者が他にいないかと探していました。

ディケンズがらみで ”GOAST STORIES” を探していて、

" Victorian Goast Stories " の原著がPDFが無料で提供されているのを見つけた。

早速 " Victorian Goast Stories " をダウンロードして製本した。

暇があれば翻訳しようと思い、翻訳本が出ていないか探したところ

ヴィクトリア朝幽霊物語(松岡光次 編訳)が見つかった。

そこでアマゾンで検索しヴィクトリア朝幽霊物語(定価800円)を購入しようとしたらなんと9679円(+送料257円)、9937円(送料込み)、10000円(+送料257円)と随分高値で売りに出ていた! 

あまりにも高いので、購入を諦めネット検索したところ、なんと翻訳者の松岡光次氏が

ヴィクトリア朝幽霊物語」を無料で提供してくれているのをみつけた!

この本の中に「The Trial for Murder」の翻訳殺人裁判がある。

 

これで「The Trial for Murder」の翻訳は私を含め4人になった。

妹尾アキ夫氏は「十三人」(「宝石」昭和25年3月号)

小倉多加志は「殺人事件公判」(月刊ペン社「恐怖と幻想」第二巻)

松岡光次氏は「殺人裁判」(ヴィクトリア朝幽霊物語 第二話)

快闘キッド「殺人事件裁判」

と題名こそ違うが元の作品は「The Trial for Murder」である。

まだ他にもいると思う。

チャールズ・ディケンズの「十三人」

最近ネットで手に入れた雑誌「宝石」昭和25年3月号(写真上)の中に、

チャールズ・ディケンズの「十三人」という作品(妹尾アキ夫訳)がある。(写真中)

聞いたことのない題名だったので、ディケンズのどの作品を翻訳したのか知りたく、

本が届いて直ぐこのページを開いた。(写真下)

一行読んで直ぐに分かった。

何のことはない! 

私が翻訳した「The Trial for Murder(殺人裁判)」だった。

この訳者妹尾アキ夫氏の名前は

ディケンズ・フェロウシップ日本支部

にも

チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)

の翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist にも出ていない。

これで「The Trial for Murder」の翻訳は(私の他に)2人いることが分かった。

もう一人は、小倉多加志 氏で「殺人事件公判」(月刊ペン社「恐怖と幻想」第二巻)がある。

もし妹尾アキ夫氏と小倉多加志氏の他に翻訳者をご存知でしたら教えてください。

 

 

f:id:kaitohkid:20161019170620j:plain

 

f:id:kaitohkid:20161019170629j:plain

 

f:id:kaitohkid:20161019170634j:plain