快闘キッドのメモ帳

文学作品や自分で翻訳した訳のメモ帳なのだ

チャールズ・ディケンズの「十三人」

最近ネットで手に入れた雑誌「宝石」昭和25年3月号(写真上)の中に、 チャールズ・ディケンズの「十三人」という作品(妹尾アキ夫訳)がある。(写真中) 聞いたことのない題名だったので、ディケンズのどの作品を翻訳したのか知りたく、 本が届いて直ぐこ…

ディケンズのThe Trial for Murderの翻訳

The Trial for Murderの翻訳がようやく終わった。 今回初めてディケンズの翻訳に挑戦した。 長編作品を翻訳するほどの暇がないので、 Dickensの Short Storiesに収録されている「The Trial for Murder」を選んだ。 http://www.keframacollege.org/library/Di…

ケストナーのDie Entwicklung der Menschheit

この詩は某掲示板で誰か訳してみろと投稿されたケストナーの詩。 さてと挑戦してみたが、内容が抽象的なのか分かりにくい。 Die Entwicklung der Menschheit Einst haben die Kerls auf den Bäumen gehockt, behaart und mit böser Visage. Dann hat man sie…

ニーチェの挑戦 おいらの解答

某掲示板で、ニーチェの得意な人から下記の英文を分かりやすく説明するよう挑戦を受けた。 <問題> 意訳して読者に分かるように説明してみなさい Respect and modesty in presence of sleep! That is the first thing! And to go out the way of all who sl…

ディケンズの「Lirriper夫人の部屋貸し」の冒頭訳

以下は某掲示板で出題した英文 私が翻訳に苦労した部分を、英語が出来そうな人ならどのように訳すか知りたかったのだが・・・返答がなかったので、私の拙い訳を載せておく。 Whoever would begin to be worried with letting Lodgings that wasn’t a lone wo…